2018年4月27日金曜日

180427 解りやすい!良い歯科治療5選

こんにちは!吉田歯科診療室の吉田格です。

早いもので、明日からゴールデンウィークです。皆様のご予定はいかがでしょう?吉田は先週の日本顕微鏡歯科学会に続いて、明日から国際オーソモレキュラー医学会の世界大会というところに行ってきます。

https://isom-japan.org/conference-seminar/2018seminar.html

この学会は栄養療法の最前線が学べる絶好の機会です。初めてアジアで開催されるということで、どのような感じなのかとても楽しみです。本当は今日からやってるんですけどね。

行かれる方がおられましたら、ぜひご連絡くださいね。さて、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1・解りやすい!良い歯科治療5選
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
歯の治療は、とにかく解りにくいと評判(?)です。プロの知識があっても、治療が終わってしまったら中の様子はもう何も解りません。口コミも信用できないし…

そんな方のために、一般の人でも解りやすい、良い歯科治療をしていると判断できる項目を5つ挙げてみます。

https://www.y-dc.org/wp/information/good_dental_treatment_5_easy_understand

新たに「ダバーダム」と「歯肉圧排」という方法を説明するビデオも作りました。ぜひご覧下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2・メールニュース限定!5月4日は歯の無料相談日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5月4日に、歯の無料相談を行います。9:00-14:00までのご希望時間内の30分間、限定4名です。

今あなたが疑問に感じている歯科に関するご相談を受け付けます。こちらでお口の中を顕微鏡で診査することができます。

ご希望の方は下記のメールフォームに、このメールニュースを見た旨を記載のうえ、お名前・住所・生年月日・メールアドレス・希望時間をご指定のうえ、お問い合わせください。

https://www.y-dc.org/index.html#mail_form

このメールニュース限定情報ですので、お知り合いの方で歯や健康でお困りの方がおられましたら、ご紹介いただければ幸いです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3・情報ピックアップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A・米国でカフェインのサプリが販売禁止に【毎日新聞】
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20180420/med/00m/010/018000c
…長い間問題視されていましたが、やっとここまできましたね。

B・気体で歯を白く パナソニックが提案するホームホワイトニングの新手法【IT media】
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/05/news119.html
パナソニックさん、がんばってます。早く使ってみたいです!

C・イチローに質問「努力は報われますか?」 その答えに共感の声集まる【temita】
http://temita.jp/wd/59022
…いいですね、コレ。努力を努力と思わない、夢中になることが一番!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4・このメールニュースをお友達に教えよう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メンテナンスを標榜する唯一の歯科医療機関である私たちは、健康情報を積極的に発信して行きたいと思っており、このメールニュースもその一環です。ぜひお友達にも教えてあげてください。読者登録はこちらからお願いいたします。→http://urx.mobi/yB7L


メインサイト https://y-dc.org
栄養療法専門サイト https://dentalnutrition.jp/
バックナンバーはBlog:歯界良好で https://y-dc.blogspot.jp
インタビュー https://y-dc.org/information/interview.html
空き時間情報はtwitterで https://twitter.com/ItaruyTwit
お問い合わせ https://y-dc.org/index.html#mail_form
=============================================
吉田歯科診療室 デンタルメンテナンスクリニック
代表 吉田格
〒104-0061 東京都中央区銀座 3-11-16
VORT銀座イースト 2F
TEL 03-3248-0418 FAX 03-3248-0417
=============================================


2018年4月25日水曜日

血流制限:BFRトレーニング始めました


ライブのビデオで自分を客観的に見て気づいたこと、それは「俺って薄い…もっとステージ映えする男になりたい!?」ってこと。同じ人前に立つ事と言っても、スーツを着て講演する時とは訳が違います。

筋トレの重要性は解っていてもなかなか踏み出せなかったのですが、さすがに自分の筋肉量のなさを痛感し、このたびBFRというトレーニングを取り入れることになりました。


BFRとはBlood Flow Restriction:血流制限という意味。写真のように特殊なベルトを腕や脚に巻き、血流を制限しながら短時間の軽目の筋トレをします。

これにより関節にあまり負荷をかけず、短時間で効率的に筋肉がつくという、忙しい人には何とも都合の良いトレーニング方法です。

BFRのトレーナーさんについてトレーニングをしても良かったのですが、理論背景も知りたかったので、どうせならと言うことでトレーナー資格を取りに行きました。


講師はアスリートのための最新栄養学などを上梓している、ボディービルダーの山本義徳先生。本にサインも貰ってきました!


ベルトはこんな感じで装着、圧力は80mmHgからスタート。これで血流を制限しながら、軽い負荷の筋トレをします。が、ものすごいキツイです!!!

BFRは血流を制限することで生化学的なストレスを意図的に増大、それに反応して成長ホルモンなどの放出が増え、細胞の増殖を決定するセンサーがコントロールされ筋肉が肥大する…という仕組みだそうです。

分子栄養学を学び、筋肉とは肝臓と逆の酵素反応をし両者が組み合わさって初めて代謝が廻ることを知り、けっこうショックを受けました。実は私は筋肉がぜんぜんつかない体質なのです。

しかし今は栄養を積極的に入れてるし、腸内環境も昔とは違うし、これにBFRを組み合わせれば、この年齢でも少しは見栄えがするようになるかなと期待しています。

私以外の参加者は、見るからにバリバリのトレーナーや元スポーツ選手。ド素人はたぶん私だけ、コワイです!

ということで実習は私だけが軽めのメニュー。脚は走っていた下地があるぶんまだ余裕がありましたが、問題の腕は2kgのウェイトでもパンパンになりまして、直後にはもう乳酸が溜まって筋肉痛が出ている状態です。

帰宅してから脚には少し強めに制限をかけてやってみたのですが、同じくパンパンに。これはものすごい効果です。

実は最近膝の靭帯を痛めてしまい、リハビリをしている最中なのです。BFR・鍼・レーザーを組み合わせ、自力再健を目指しているのですが、さてどうなりますか?


BFRはたいへん効果的な方法である一方、注意して行わないと脳貧血・血栓などが起きる可能性がある特殊なトレーニングです。また、お持ちの疾患によっては、このトレーニングはできないので、注意が必要です。

当初は自分の勉強のためだけと考えて資格をとりましたが、なかなか効果がありそうなので他人にも教えたくなりました。おそらく血糖調整障害や副腎疲労には、かなりの治療効果があると思います。今回トレーナーの仲間入りをさせてもらいましたので、BFRに興味があるかたは、ご一報ください。

PS:4枚目の写真にあるように、実習時はFreeStyle Libreのセンサーを装着したままやってみました。筋肉内のグリコーゲンが分解されるので血糖値に変化があるかと思いましたが、数値上の変化はありませんでした。