2017年8月3日木曜日

170803 この夏、オススメの本

こんにちは!吉田歯科診療室の吉田格です。

しばらく配信できなかったのですが、最近何をしているかというと、歯科専門誌に連載を書いており、診療後はその執筆や校正に追われております。

タイトルは「分子栄養学への誘い」。ここ数年学んできた栄養の知識や、その臨床経験を毎月3ページにまとめています。

https://y-dc.blogspot.jp/2017/08/blog-post.html

一本書き上げたと思うと前の校正原稿が来て…の繰り返し。いやいや、締め切りがある仕事は苦手です。

さて、いろいろ物書きをしていると、内容の裏をとることが重要です。そのため時間があれば古い資料を見直したり、サイト検索をしています。また本を買って新たな知見を仕入れています。ヤマト運輸さんには申し訳ないのですが、一日一Amazon状態、段ボールゴミも増えに増え、片付けるスタッフには申し訳ないです。

買ったはいいけど目を通していない本もたくさんあり、今年はちょっと夏休みが長いこともあり、できるだけ多くの本を読んでいこうと思っています。

さて、そのたくさん買った本の中から、皆さんにもぜひ読んでおいてもらいたい本をいくつか挙げてみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1・この夏、オススメの本
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1・病気にならない生き方 安保徹 三和書籍
  https://www.amazon.co.jp/gp/product/486251183X/ref=oh_aui_detailpage_o03_s00?ie=UTF8&psc=1
 ガンの民間療法が話題になっていますが、その根元には中学の理科でも習う「ミトコンドリア」が深く関わっていることは、ほとんど知られていません。疲労・鬱・加齢のカギを握るミトコンドリアの秘密が楽しく書かれています。安保先生は新潟大学教授であられ素晴らしい研究者でしたが、昨年謎の死を遂げ、その不可解さから暗殺説も出ているほどです。安保先生のメッセージに耳を傾けましょう。

2・脳はバカ、腸はかしこい 腸を鍛えたら、脳がよくなった 藤田 紘一郎 三五館
 https://www.amazon.co.jp/gp/product/4883205681/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
 こちらも大学教授にしては歯に衣を着せぬ論調の藤田先生の名著。専門医学から下ネタまで、縦横無尽に駆け巡る書きっぷりは素晴らしい。常々私が歯科医師でありながら「腸が超重要」と言っているのは、藤田先生の影響が大きいです。

3・うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった  藤川 徳美 光文社新書
 https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334039987/ref=oh_aui_detailpage_o09_s00?ie=UTF8&psc=1
 7月に出たばかりの新刊。表題では精神疾患の本のようですが、実は一般に蔓延する(特に15~50歳の女性)「鉄・タンパク質・ビタミン」欠乏について、豊富な症例を用いて警鐘する本です。全女性、必読!

ま、3冊くらいにしておきましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2・NNさんが退職します
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
悲しいお知らせですが、5年間一緒に働いてきた歯科衛生士のNNさんが8月10日をもって退職します(T_T) 日本顕微鏡歯科学会認定歯科衛生士の資格を提げて、新しい技術取得に向け旅立ちます。NNさんのメンテナンスを受けることができるは、あと一週間です!

ということで、新しい歯科衛生士を募集しています。当診療室の歯科衛生士については → https://y-dc.org/information/dental_hygienist.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3・情報ピックアップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A・低所得層の子、栄養格差解消は給食頼み 小5調査でタンパク質、鉄分不足
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017073102000116.html
 …解っていたことですが、やっと統計になって表に出ました。安くすまそうとすると糖質だけが多くなり、タンパク質やビタミンが欠乏し、問題行動を引き起こしやすくなります。

B・虫歯4割減ったけど... 子どもの歯周病3割増 福岡県学校歯科医会 昨年調査 食生活が変化、小6の18.4%【西日本新聞】
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/medical/article/229766
 …歯を磨かなくても虫歯にならなかったからだいじょうぶ…という慢心が根底にあります。柔らかい食事の悪影響は深刻なんです。

C・マイケル・ジャクソン スーダラ節
https://www.youtube.com/watch?v=JGf_gs2320o
 …いや、深い意味はありません。息抜きにどうぞ。笑いすぎて息抜きんならない人、50歳以上の人です(^_^)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4・このメールニュースをお友達に教えよう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メンテナンスを標榜する唯一の歯科医療機関である私たちは、健康情報を積極的に発信して行きたいと思っており、このメールニュースもその一環です。ぜひお友達にも教えてあげてください。読者登録はこちらからお願いいたします。→http://urx.mobi/yB7L


メインサイト https://y-dc.org
栄養療法専門サイト http://dentalnutrition.jp/
バックナンバーはBlog:歯界良好で https://y-dc.blogspot.jp
インタビュー https://y-dc.org/information/interview.html
空き時間情報はtwitterで https://twitter.com/ItaruyTwit
お問い合わせ https://y-dc.org/index.html#mail_form
=============================================
吉田歯科診療室 デンタルメンテナンスクリニック
代表 吉田格
〒104-0061 東京都中央区銀座 3-11-16
VORT銀座イースト 2F
TEL 03-3248-0418 FAX 03-3248-0417
=============================================

2017年8月1日火曜日

分子栄養学への誘い


歯科商業誌では最も販売部数が多い the Quintessennce 誌、その7月号より「分子栄養学への誘い」と題した連載記事を書いています。

先日第二回目が掲載された8月号が送られてきました。


今回の題目は「ミトコンドリアは元気ですか? 易疲労感あふれる現代人への栄養処方」と題し、エネルギー産生の要であるミトコンドリアについて書きました。

ミトコンドリアは際立ったキャラとして中学校の理科でも習いますが、その正体や働きについて詳しい人は医療関係者であってもごく少数です。

この話題をとりあげたのも、栄養障害でミトコンドリア機能が低下し疲れがとれないままの人が多すぎるからです。そのようなかたの歯科治療はやはりリスクが上がります。しかしそれに気がつかないまま、治療は普通に続けられています。

最初はうまく行っているようでも、長期的には問題が出やすいことになります。特に歯周病やインプラントの維持管理に重要で、インプラント周囲炎へのアプローチにはどうしても必要なことだと考えています。

今回も執筆にあたり、多くの書籍を参考にさせていただきました。写真はその一部で、小難しい生化学の教科書も買いました。学生の頃はまったく不可解だった内容が、パッと開けた感じです。


どれも素晴らしい本です。私も死ぬ前に、もう1冊くらい単行本をやりたいですね。

この連載企画はたった3ページではありますが、私がここ数年来学び感じたことを凝集しております。歯科関係者のかた以外でも買えますので、ぜひご覧になってみてくださいネ!



なお、このほど第3回が校了、第4回が提出となりました。今月は夏休みを利用して、5の執筆と6の準備をします。

今まで軽視されていた栄養について、少しでも多くの歯科医療関係者に気がついてもらえればと思います。



2017年7月24日月曜日

講演案内:171001 生田哲 食べ物を変えれば脳が変わる



日曜日に、脳科学者として多数の書籍を執筆されている生田哲先生の講演会に行く機会がありました。

先生はここ5年くらいは表だった活動をしてこなかったそうですが、急に思い立って活動を再開したのだそうです。

医療は、直接患者の体を触ることができる医師・歯科医師などの有資格者中心に考えられていますが、実は生田先生のような基礎学者の存在がかかせません。その中ではおそらく脳に関しては最多の実績を誇り、今なおトップを走るのが生田先生です。

講演の内容は書けませんが、しかし講演会がまたあるのでお知らせいたします。私は他用で伺えませんが、ぜひ行ってみてはいかがでしょう。

***

臨床分子栄養医学研究会特別講演

食べ物を変えれば脳が変わる


脳は人生そのもの。
その脳の性能が、食べ物によって変わる。 つい最近まで、脳は変わらないものと信じられてきましたが、それが間違いで脳はどん どん変わることが明らかとなりました。100年間も固く信じられてきた脳科学の常識が 変わったのです。もう、頭の悪さを先祖のせいにはできません。 私たちは、口にする食べ物によってできています。いい方向にも悪い方向にも「食べ物 を変えれば脳が変わる」のです。脳の性能は食べ物によって大きく変わります。人生は 遺伝で決定されるのではなく、あなたが毎日口に運ぶ食べ物によって左右されます。 では、どんな食べ物を食べればあなたの潜在能力が十分に発揮されるのか? どうすればよい脳になるのかを皆様にお伝えします。

日時:平成29年10月1日(日)14:00-16:00
場所:日比谷図書文化館 大ホール

申込み:http://goo.gl/16vR15


2017年6月26日月曜日

170626 医療不信の時代?

こんにちは!吉田歯科診療室の吉田格です。

小林麻央さんが亡くなられました。心からお悔やみ申し上げます。

有名な方の死は、多くの人に共通した考える機会を与え、私の元にもいろんな話が入ってきます。しかしSNS上では顔の見えない時代を反映し「早すぎる」「美化されすぎ」「どうせ海老蔵は…」などの投稿が目立ちます。

一様に気になるのが、一般医療を信用していない人が実に多く存在していること。すなわち「私のところに来れば死なずに済んだのに」「抗がん剤に殺されたのは間違いない」「医者は無知、私の方がはるかに良く知っている」など、見るに堪えない意見が噴出していることです。

私はこれでも癌病棟の現場を、一般の人よりもよく知っています。小林さんは違ったかもしれませんが、限られた予算・人員・設備、そして理不尽な保険制度、その条件下で多くの人が残業代がどうのこうの言わず身を削って頑張っています。

その一方、私はこれでも漢方や自然療法などの味方です。だから「癌患者にあんなものを食べさせてはいけない」「高濃度ビタミンC点滴をすぐに」などの意見を言う人の気持ちも解ります。しかしそれは、当事者に当てはまるかどうかもわからない無責任な意見です。なぜならそれらはすべての癌・すべての時期に有効というわけではないからです。癌はある意味人間よりも頭がいいのです。

医師が癌になったとき、手術・抗癌剤・放射線の三大治療を受けるかと訊いたところ、ほとんどの医師が「受けない」と答えたアンケートがあります(検索すれば出てきます)。おそらく私もそうでしょう。

たしかに医療は捻れています。そして信用されていません。その影響は、私たちのような小さな歯科医院にも如実に表れています。

しかし医療が捻れているのは、医師がねじれているからなのでしょうか。社会全体がそうだから、そしてそれに憤慨する人もまた同じに見えます。意外にそれに気づいていないのではないでしょうか。

このことはいずれまとめて書こうと思っていたのですが、答えがないだけに文章の落としどころが見つからないままズルズル来ています。しかし医療不信の時代に、自分の周りにだけでもヒントを提供できればと思っています。

医者が病気を治してくれるわけではありません。癌で人が死ぬわけではありません。治すのは自分自身、そこにみんなが気付いてくれたら、どんなに良い世の中になることでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1・再植術の説明が掲載に
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「できるだけ削らない・抜かない治療」のコーナーに「再植術」の解説ページを追加しました。

https://y-dc.org/minimal-intervention/tooth_replantation.html

以前Blog:歯界良好にも挙げていたものですが、再編集してCT動画も加えました。普通のレントゲンではなかなか実感がわかない病態と、その後の治療結果を、誰にでもわかるように書いてみました。

特に写真9と12の差は素人さんにも「えっ!?」と思わせるものです。

歯を保存する方法はたくさんあります。再植術は条件つきの治療方法ではありますが、最後の手段としてこんな方法もあることを覚えておいてほしいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2・栄養療法.jp に掲載
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ドクターから患者まで、みんなに役立つ分子整合栄養医学のポータルサイト「栄養療法.jp」に、実践医療機関の一つとして掲載していただきました。

顔は似てるかどうか、ちょいと微妙ではありますが、栄養療法面での私の立ち位置を簡潔にまとめていただいております。

https://eiyouryouhou.jp/orthomolecular-doctors/yoshida

このサイトに出ている多くの仲間とともに、医療で見落とされていた「隠れ型栄養失調」の改善に注力しています。たいへんん有益な情報が大量に掲載されていますので、ぜひご覧になってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3・情報ピックアップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A・なぜ日本では『自分で考えない子ども』が育つのか?《MADAME RIRI》
 https://www.madameriri.com/2011/09/12/なぜ日本では『自分で考えない子ども』が育つの/
 …100%の答えがないと信用してもらえない患者さんが多いのはこのせいなのでしょうか?

B・子の虫歯、親の学歴で格差 成長につれ差が拡大 東北大《朝日新聞》
 http://www.asahi.com/articles/ASK5S73BKK5SUBQU01W.html
 …親の余裕や健康意識が問題なので、支援だけすれば良いとは思えませんが、重大な問題です。

C・子猫。仕事中に見たら手が止まってしまう画像28連発《HUFFPOST》
 http://www.huffingtonpost.jp/2014/10/06/kitty-is-justice_n_5937526.html?iref=comtop_btm
 …いや、深い意味はありません。息抜きにどうぞ (^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4・このメールニュースをお友達に教えよう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メンテナンスを標榜する唯一の歯科医療機関である私たちは、健康情報を積極的に発信して行きたいと思っており、このメールニュースもその一環です。ぜひお友達にも教えてあげてください。読者登録はこちらからお願いいたします。→http://urx.mobi/yB7L


メインサイト https://y-dc.org
栄養療法専門サイト http://dentalnutrition.jp/
バックナンバーはBlog:歯界良好で https://y-dc.blogspot.jp
インタビュー https://y-dc.org/information/interview.html
空き時間情報はtwitterで https://twitter.com/ItaruyTwit
お問い合わせ https://y-dc.org/index.html#mail_form
=============================================
吉田歯科診療室 デンタルメンテナンスクリニック
代表 吉田格
〒104-0061 東京都中央区銀座 3-11-16
VORT銀座イースト 2F
TEL 03-3248-0418 FAX 03-3248-0417
=============================================


2017年6月25日日曜日

鼻うがいに挑戦!


引き続き、身体中の炎症をとろう作戦です。

見逃されがちな炎症部位の代表は歯・胃腸、そして鼻と言われます。鼻は上咽頭というところでリンパ節がむき出しになっているために、たいへん炎症が起きやすい。にもかかわらず、放置して不定愁訴をがまんしている人が多いのだそうです。

実は私もその一人で、子供にころから慢性鼻炎で鼻水が出やすく困っていました。また鼻水が喉の方に流れる「後鼻漏」という症状もあり、調子が悪いと集中力が切れやすかったのですが、慣れてしまい長年放置していました。

しかし炎症をできるだけとろうということで、年初から耳鼻咽喉科に通院し始めました。

後鼻漏の治療はあまりに保険点数が低すぎて行っていないところが多いのだそうですが、幸い近隣の先生は積極的に行っており、当診療室からも何人か患者さんを紹介しています。

治療は鼻の中を洗浄して、塩化亜鉛という薬を塗るだけの簡単なものですが、それなりにテクニックが要る治療であることは、治療を受けてみると解ります。

炎症が強い人は塩化亜鉛を塗るだけでかなり痛いのだそうですが、私はそんなことはありませんでした。しかし鼻の中をグリグリ触られる感覚は異様すぎて、涙目になります。

治療後2時間くらいは水様性の鼻水でグジュグジュになり、人に会うのはちょっと厳しいです。

さて耳鼻咽喉科に頻繁に行くのも難しくなってきたので、セルフクリーニングをいろいろ試しています。

最初はガラス製の注射筒で食塩水を送り込んでいたのですが、割ってしまい(T_T)、専用品を買ってみました。

写真の怪しい青いボトルがそれなのですが、これはイイ! さすがによく考えられています。思い立った時にサッと手に取り、両鼻10秒で終わってしまいます。ちょっと今までの苦労がバカらしくなります。

先にも書いたように、上咽頭は非常に炎症が起きやすく、様々な病気の引き金になります。特にIgG腎症という、一見鼻とは何の関係もなさそうな腎臓に重篤な炎症を起こさせます。

また軽度の慢性炎症はキノリン酸という神経毒を産生しやすくなったり、不眠の原因となったり、ろくなことがありません。

これから腸のカンジダ除菌や水銀の解毒をお考えの方は、まず積極的に全身の炎症を取るようにされた方がスムーズです。鼻うがいは、ぜひそのスケジュールに加えて欲しいプログラムです。

なおこの鼻うがいについては以下の書籍とサイトに詳しく載っています。書籍は当診療室のフロントにも置いてありますので、お越しの際はぜひご覧になってみてください。


病気が治る鼻うがい健康法
体の不調は慢性上咽頭炎がつくる 
堀田 修 著
株式会社KADOKAWA




かつお出汁に挑戦!


とにかく身体中の炎症をとろうといろいろ考えています。

すでにシュガーフリーは当然として、グルテンフリー・カゼインフリーは達成済み。体感的には何も変わりませんがね。

で、次はできるだけカフェインもフリーにしようと思い、コーヒの代わりの飲み物を物色して出会ったのが「かつお出汁」です。

出汁Barって、けっこうはやっているそうですが、煮込む手間はかけられないと諦めておりました。しかし鰹節をポットに入れるだけでできると聞いて、さっそく専用ポットを買ってためしてみました。鰹節は出汁とり専用の厚削りのも。

ポットにお湯を入れて待つこと8分、出来上がった出汁は、それはそれは香り豊かなものでした。けど味はありません。

岩塩なんかを入れれば良いのでしょうが、そこは一捻りして、先ごろいただいた塩麹をちょっとだけ入れてみました。結果、これがウマイ!しばらくはこれで行けそうです。

鰹節は世界最「硬」の発酵食品で、カツオのタンパク質を細菌がいろいろなアミノ酸に分解しています。

ペプシノーゲン1が30位の方は、タンパク質の消化力がかなり落ちていますので、吸収ができずペプシノーゲンそのものを上げることができなくなっています。

それだけでなく、腸で残留タンパクが腐敗しリーキーガットの原因になったりします。改善にはできるだけ負担なく効率的にタンパク摂取量を増やす必要があります。

メインホームページでは歯周病・インプラント周囲炎治療のかたの栄養医学療法として胃腸が弱い方の改善案をご紹介していますが、鰹出汁はかなり使えるはずです。

そういえば先日の抗加齢医学会には大きな昆布も展示されていましたので、今度はそちらも試してみようと思います。

しばらく塩麹+出汁で幸せになれそうですネ!

ちなみに外出時はできるだけディカフェのコーヒーを選ぶようにしています。




音楽活動 再開!


突然ですが、音楽活動を再開することになりました。18年前にやっていたバンド仲間からメールがあり、復活するのでギターをやってくれという事になりました(汗)

ということで、休日は原稿を書く予定でいましたが、今朝は飾り物になっていたギターの調整をやっています。

私と音楽・楽器とのことは以前コチラに書きましたが、いつかはまたやりたいなと思ってはいました。しかし、このタイミングで来るとは、人生何が起きるか分かりません。

それにしても弦を張り替えるなんて、いったい何年ぶりでしょう?ギターのホコリは掃除すればいいですが、金属パーツは腐食し、けっこう年季を感じます。

今は仕事が忙しいですが、それでもギターを持っている自分を忘れた日は1日もありません。それでも整備したギターを握ってみると、若かりし頃の感覚が蘇るのは不思議です。

そういえばだいぶ前ですが、頭痛で調子がイマイチだったとき、ギターを10分も弾いていたら、いつの間にかおさまっていた事がありました。やはり気分転換は大切で、その手段を数多く揃えるのは大切なことです。

さて3週間後にはスタジオで練習を、その後も定期的に練習が入るのだそうです。ギターケースもエフェクターもないので、これから物色です。

このバンドは私の友人の友人(その後私の患者)の大学時代のサークルOB会バンドで、なぜか私だけが部外者?という変わった編成。曲はだいたい80年代ロックのコピーです。

すでにLIVEの日程も決まっており(ハヤッ!)12月9日(土)都内某所にて、対バン形式で行われるそうです。正式に決まったらお知らせしますね。当日は吉田のぜんぜん違う顔をお見せできる事を約束します。

あれ、12月9日って、APMの前日ですね。今回は発表ではありませんが、たぶん早朝皇居ランがあると思うので、これはなかなか大変そう…