2016年9月25日日曜日

患者には出すけど、医者が飲まないクスリ…歯科の場合



マスコミが医療を叩き医療不信を煽ることで売り上げアップを狙うのはもはや常套手段、とは言うものの、世の中にはこのような見方もあるのかと勉強になります。

古い記事ではありますが、この記事にも学ぶところがたくさんあります。もちろん記事を鵜呑みしてもらっては困ります。いや、困るのは私ではありません、アナタですから。

現役医師20人に聞いた「患者には出すけど、医者が飲まないクスリ」
糖尿病 高血圧 花粉症 インフルエンザ完全保存版一覧表
現代ビジネス


ここに書いてある内容すべてが正しいわけではありませんが、何故このような記事が書かれなくてはならないのか、背景も読む必要があるでしょう。

医療者が置かれた立場はたいへん微妙で、「保険医登録」をして「保健医療機関」として届けを出せば、国が決めた制度に無条件で賛同したことになります。収益のほとんどは健康保険からの支払いになりますので、制度が間違ってると思ってもそれを実行しなくては医療者も生活して行くことができません。

記事に出てくる「胃酸の分泌を抑えるクスリ」や、最近見直しが叫ばれているスタチンなどの「高脂血症治療薬」は、法律で決まっているから処方しているという、患者個々人に合った選択ができない健康保険制度の欠陥を突いている部分です。

歯科では薬を出すことは多くありませんが、それでも「患者にはするが、自分にはやらない治療」がたくさんあります、と言うかほとんどだがそうだと思います。

典型的なのは根管治療、そして詰め物(コンポジットレジンなど)や、被せ物(クラウン)です。

クラウンはほぼ全員の歯科医師が、健康保険ではできない材料や技術の治療を自身にしてもらうはずです。ご家族にも同様でしょう。

歯科医師が皆様に自由診療を勧める理由はたくさんありここでは説明いたしませんが、私が保健医療機関を辞退したのはそのためです。

しかし間違ってもらっては困るのは、このような記事が書かれてしまうのは、医療者側だけが悪いからではないということです。行政・患者・医療者、三者が過去の慣習に囚われ、制度疲労を解決できないまま今日に至っているということです。

また歯科の場合は、決められた治療が良いものではないと解っていても、予算の関係で自由診療を実行しにくいという問題が大きいのです。

医師会々員・歯科医師会々員はその改善のために多額の会費を払い運動をしていますが、一向に報われません。行政は低医療費政策の方針を崩そうとはしていないからです。

混合診療はもしかしたら将来TPPにより解禁になるかもしれません。しかし大きな混乱とともにスタートするのは確実です。健康保健でどんな医療も安心して受けられるようになるまで待つ時間はありません。

ですからみなさんにはとにかく予防を徹底していただきたい、そして健康・病気・栄養について興味を持っていただきたいのです。悪くなっても、治してもらえるわけではないのですから。

医療者や行政に丸投げの健康観ではなく、ぜひ多くの良質な情報に触れ、自衛手段を入手してください。そのための情報発信も、私たちのたいせつな仕事の一つだと思っています。

手前味噌ですが、よろしかったら下記からメールニュース配信にご登録ください。



2016年9月15日木曜日

メインホームページがオールリニューアルに


ここ半年くらい、ずーっとこの作業をやっていました。メインホームページのオールリニューアル、本日公開です!

やっとスマホ対応になり、現代的になりました。強力な助っ人の力で、BiND8の凄まじいバグにめげず、やっとここまできました。まだまだ微調整が要りますが、少しずつ変えていきます。

実は今回はWordpressとの連携サイトになっていたのですが、古いサイトを除去するときに誤ってWordpressもいっしょに削除してしまい、せっかく造った仕組みがパーになってしまいました(涙)

明日から名古屋で(またか!)口腔インプラント学会のため、再構成している時間がありません。また地道にやって行きます。

旧サイトではお伝えできなかった情報も、Wordpressとの連携でどんどんアップして行きますので、よろしくお願いいたします!


2016年9月9日金曜日

ホワイトリスト登録のお願い

ここ2〜3年ですが、とにかくメールが届かない方が多くて困っています。

私たちは患者さんとのやりとりの多くをメールで行っているのですが、届かないのは docomo・au・softbank といった、いわゆるキャリア系が中心です。キャリアが勝手にフィルターをかけてしまっているのですね。

気がつくのがだいぶ遅かったのですが、まずメールニュースが届かない!送ったつもりですが、通院中の患者さんに訊くと、「え、そうなんですか?」と言われてしまいます。

よくよく調べてみると、まずdocomoが不達で全部返ってきています。auは返ってきもしません。softbankはちょっと情報不足、いずれにせよキャリア系はほぼ全滅。

一斉配信メールは全て迷惑メールであると、勝手に判断されているのだそうです。そこで本日配信のメールニュースからは、専用のメールニュースサーバーを契約してそこから送りました。有料でしたので、さすがに届いているようです。

しかしもっと困るのが、最近は単発で送っているメールすら届かなくなったこと。これはさすがに困ります。

各キャリアでは「このメールは受信します」という、いわゆるホワイトリスト(ブラックリストの逆)の設定方法を公開しています。特に通院中の方は連絡がとれないとお互いたいへん困りますので、お手数ですが以下をご参照のうえ、info@y-dc.orgからのメールを常に受信できるように端末の設定をお願いいたします m(_ _)m

メールニュースの登録方法


メールニュースをもっとちゃんとやらねば(汗)と突然思いたち、システムを一新し、本日正午に配信いたしました。

新システムでは、今まで届かなかった方にも届きやすくなっていると思いますがいかがでしょう?キャリアメールは全滅でしたからね。

このメールニュースにはblogにもfacebookにも書かない内容を順次取り上げていこうと思います。ぜひこちらから配信登録をなさってください。



2016年8月29日月曜日

転載:歯科はもっと内科的なアプローチが必要

ホームページの全面リニューアルをているのですが、その中のコンテンツを一部ご紹介いたしましょう。下のリンクからお入りください。




いかがでしょう、あなたは医科と歯科が分離していることをおかしいと思ったことはありませんか?



2016年8月27日土曜日

フロスの効果に疑問の余地はない

「フロスの効果は科学的に十分証明されていない」という主旨の記事が掲載され、波紋を呼んでいます。
科学的に証明されていない? 歯と歯の間をお掃除するデンタルフロス、本当にやる意味はあるのか? 原文 GIZMODO CareNet
とても面白い記事で興味深く読まさせていただきました。なんでも科学的根拠がなければ信じない、いわゆる「エビデンス病」の人が書いた記事か?と思いましたが、よく考えてみたら今まで「どのようにフロスを使えば良いのか」という部分が考慮されていませんでしたので、効果が疑わしいと言われてもしかたがないかもしれません。

フロスの正しい使い方は、決してよく知れ渡っているものではありません。入れた後どう動かせば良いのか」という話は、私もほとんど聞いたことがありません。だいたい皆さん、入れて取り出すだけで精一杯、けっこう難しいんです。



この動画は私が2008年にアップしたものですが、1:00のところからフロスが登場します。このように「引きつけて上下に動かす」その後「押し付けてから上下に動かす」とやらないと、効果は限定的です。

単に入れて出すだけでも効果はぜんぜんあるのですが、上記のようにやらないことには、統計に現れるくらいのはっきりした結果にはならないと思います。

それにしても、普通に歯ブラシをした後でもフロスを入れてとり出したものを見れば、だれもがかなりのプラークが付いてくることに気づきます。

プラークの悪影響にはエビデンスがありますから、これだけ明らかなものに対し「効果は疑問」というのはどうでしょう。逆に言えば、当たり前すぎて研究するのもバカらしいので研究されてこなかったとも言えそうです。

いずれにしても、フロスの効果に疑問の余地はありません。皆さんも是非、歯科衛生士がいる歯科医院で、正しいフロスの動かし方を確認してもらいましょう。

2016年8月12日金曜日

今年の前半戦が終了


今年の前半戦が終わり、プチ打ち上げです。みんなよく仕事をしました。

来週一週間はお休みをいただき、その間は設備更新やウェブの更新・原稿執筆などに使わせていただき、8月22日(月)より診療を開始いたします。

皆様も良い夏休みをお過ごし下さい。