2017年6月13日火曜日

塩麹&醤油麹


ヒョンな事から、塩麹と醤油麹をいただきました。完全手作りの安心の逸品です😄

実は塩麹には消化酵素が入っています。胃腸が弱く消化吸収が不十分で低栄養になり、治療効果が出にくい方が非常に多いのですが、それを補助するために塩麹が使える可能性があり期待しています。

まずは自分で試してみようということで試食です。開けてみると…


おー、麹だ麹だ、当たり前だけど。さっそく野菜にチビチビ付けながら食べています。肉を漬けてから焼くのもウマイそうです。


こちらは醤油麹。いただくまで知りませんでした。こちらは魚の刺身に付けると良いと聞き、やってみました。デパ地下で閉店間際の半額セールで買ってきた刺身をこれでいただきました。激ウマです!

***

胃腸が弱いとは、例えば胃酸が弱いとか、膵液が出づらいとか、つまり消化酵素類が少ないとか薄いとかです。タンパク質は消化酵素でペプチドやアミノ酸まで分解されて吸収されるのですが、それができず、吸収があまり期待できません。

ところが消化酵素の原材料はそのタンパク質ですから、少なかったり薄くて当然…まさに悪循環。このままでは低栄養は加速します。どこかに介入しなくてはなりません。

ではどうするか、まずは「よく噛む」、これ基本。噛めば食物は細断され、酵素との接触面積が増え、少ない酵素も有効利用できるようになります。歯が悪い人はすぐに治しましょうね。で次に来るのが塩麹です。

消化不良には消化を補助する薬を使います。塩酸ベタインというものをよく勧めるのですが、食材で摂るとしたらこの塩麹か醤油麹です。まだどれくらいで効果があるかはわかりませんが、消化吸収に問題がありそうな患者さん向けにこれからご紹介して行こうと思います。

歯周病やインプラント周囲炎の治療には、歯肉や骨の細胞に適切な栄養が充足されている必要があります。それをしないで外側からプラークを取るお掃除療法ばかりしているのが歯科の現状です。もちろんそれも大切なのですが、治療効果を長く保つには栄養の充足が不可欠だと考えています。

ということで、メインホームページでは胃腸が弱い方のための改善案と題し、様々な取り組みをご紹介しています。こういうのがまとまったページって、ほとんどないんですね。もちろんその中では、この塩麹をご紹介しています。

治療上必要な事ではありますが、そうでない方にも非常に重要な内容です。ぜひご活用ください。

なお塩麹の具体的な活用方法は、以下がたいへん参考になります。それもそのはず、この塩麹と醤油麹の作者が書いたものなんですから。


最後に、この塩麹・醤油麹の欠点、それは日本酒が欲しくなること、これはモンダイダ…



2017年6月12日月曜日

170612 健康回復の切り札「断食」!?

こんにちは!吉田歯科診療室の吉田格です。

大相撲五月場所で、横綱白鵬が休場明けにもかかわらず全勝優勝をしましたね。実は白鵬は8Kgも減量したのだそうです。なにをしたのかというと、それは「断食=ファスティング」です。

重いほうが良いと思われている相撲界ですが、それに逆らうような、しかも何も食べないとはどういう事なのでしょう?

白鵬の断食を含め、食事栄養全般を指導したのが、京都にある杏林予防医学研究所の山田豊文先生です。

これは単なる偶然なのですが、今月初旬に私はその山田先生が主宰する二日間セミナーに行ってきました。断食の話を聞きに行こうとしていたわけではなく、別に目的があったのですが、「あ、これはおもしろい、やってみよう!」という気になりました。実はすでに衛生士とやってみる事になり、下準備をしています。

「そんなことして、大丈夫なの?」って思いますよね?しかし断食といっても本当に飲まず食わずではなく、ちゃんとした理屈があり、補給するものもあるんですね。だから白鵬は怪我から復帰し、体のキレが戻り優勝したのです。不思議ですね?

これはどういうことか、続きはこちらから!
  ↓  ↓  ↓
《細胞環境デザイン学中級講座に行ってきた》
https://y-dc.blogspot.jp/2017/06/blog-post_63.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1・胃腸が弱い方のための改善案
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
治療に栄養医学療法を取り入れたはよいものの、足りない栄養素を補給しても結果が伴わない方が大勢いらっしゃいます。

そのような方は、みな胃腸が弱く、消化吸収が滞っています。実は胃薬を飲んでも胃は良くなりません。胃酸を抑える薬を飲んだら、もっと消化が悪くなります。

ではどうするか、胃腸を助けるに何をすれば良いのでしょう?どこにも書いてないので、ウチで改善案をまとめて公開しました。
  ↓  ↓  ↓
《胃腸が弱い方のための改善案》
https://www.y-dc.org/wp/periodontitis-implantitis/improvement_plan_weak_gastrointestinal_tract

ポイントは

 1 胃酸補助(塩麹・ベタイン)
 2 胃と小腸の栄養(タンパク質・ペプチド)
 3 大腸の栄養(水溶性繊維)
 4 糖質カット
 5 腸内細菌

てところでしょうか。

とにかく胃腸が弱い人が圧倒的に多く、あらゆる治療の効果は限定的です。胃腸の検査をしていない人も、できる事から始めてみません?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2・マグネシウム入り歯磨き剤が発売に
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マグネシウムって、聞いた事はあると思いますが、なんだか分からないですよね。

マグネシウムは日常の飲食ではなかなか摂れなくなってしまった、超重要ミネラルです。調子がイマイチとか、傷の治りが悪いとか、歯科的にもとても重要です。マグネシウムが最低必要量に達している方が、ほとんどおられないからです。

そのマグネシウムが入ってる歯磨き剤の取り扱いを開始しました。もちろん私も毎日使っています。これを使うか使わないかの差は、意外に大きそうです。それはどういうことなのかと言うと…詳しい事はコチラに書きました。
  ↓  ↓  ↓
《マグネシウム入り歯磨き剤》
https://y-dc.blogspot.jp/2017/06/blog-post_11.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3・情報ピックアップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A・勉強に集中できない原因は、ジュース&お菓子の"糖質過多"!? 見直すべきは「子どもの食生活」かも  https://ddnavi.com/news/379633/a/
…早く簡単に子供の成績を上げるにはコレ!大人も同じですが。

B・朝食に菓子パンを食べると、やる気が下がる?
 http://diamond.jp/articles/-/128549
…何の疑問も持たずに菓子パンを食べてるひとって多いんでね。低血糖って怖いんですよー

C・ドラッカー読むより口角上げよう 元インテル西岡氏 ミドルマネジャーの仕事の哲学
 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17054690Q7A530C1000000/?dg=1
…昔ドラッカーは読みましたが、あまりピンと来ませんでした。もっと大切なことがあるからですよね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4・このメールニュースをお友達に教えよう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メンテナンスを標榜する唯一の歯科医療機関である私たちは、健康情報を積極的に発信して行きたいと思っており、このメールニュースもその一環です。ぜひお友達にも教えてあげてください。読者登録はこちらからお願いいたします。→http://urx.mobi/yB7L


メインサイト https://y-dc.org
栄養療法専門サイト http://dentalnutrition.jp/
バックナンバーはBlog:歯界良好で https://y-dc.blogspot.jp
インタビュー https://y-dc.org/information/interview.html
空き時間情報はtwitterで https://twitter.com/ItaruyTwit
お問い合わせ https://y-dc.org/index.html#mail_form
=============================================
吉田歯科診療室 デンタルメンテナンスクリニック
代表 吉田格
〒104-0061 東京都中央区銀座 3-11-16
VORT銀座イースト 2F
TEL 03-3248-0418 FAX 03-3248-0417
=============================================

2017年6月9日金曜日

マグネシウム入り歯磨き剤


マグネシウム入りの歯磨き剤があると聞いて検索すると、通販があったので買ったのがちょうど1ヶ月前。

ところが細胞環境デザイン学に行くと、なんとそこにこの歯磨きが剤が!あれれ、なんとココが販売元でした…

マグネシウムは体内で300以上の酵素反応に関わる重要ミネラル。簡単に言えば細胞に火をつけるマッチのような働きをします。ミトコンドリア内ではATPの産生に深く関与しています。

ところがこのマグネシウム、年々摂取量が減り続け、疲れや不定愁訴の大きな原因になっています。

マグネシウムはカルシウムとのバランスが大切で、マグネシウムがなければカルシウムは暴走し、心臓発作の原因にもなります。

なのにカルシウムが重要という話ばかり先行しているので、全体として低栄養が加速します。

ではマグネシウを飲めば良いのかというと、そう簡単ではありません。実はマグネシウムの腸からの吸収量はとても少なく、毎日三食コンスタントに微量ずつ入れ続けるしかなく、なかなか必要量に達しません。急ぐ時は静脈注射も必要です。

しかし実はもう一つ手があります。それは皮膚から吸収させること、これを経皮吸収といいます。

実はマグネシウムは経皮吸収量が意外に多いこと知られています。そのためエプソムソルトという入浴剤が売られており、私も常用しています。

また似たような理由で、マグネシウムは口の中の粘膜からも吸収されると考えられます。舌の下に薬を置いて全身に吸収させる舌下錠というものがあります。よく心筋梗塞の発作時につかうニトログリセリンは、この原理です。

ということで、日常的にマグネシウムを舌下吸収させる目的で、歯磨き剤に加えるというのはとても良いアイディアだと思います。

正直申しますと、一般的な歯磨き剤は成分的にあまり褒められたものではありません。最近歯磨き剤へのフッ素添加量の上限が1000ppmから1500ppmに増加し喜んでる方が多いのですが、私はあまり賛成できません。

さて、受付ではこのマグネシウム入り歯磨き剤の販売がスタートしました。価格は通販と同じ税抜き¥1,500です。これを高いと思うか、安いと思うか?その効果を考えたら、私はリーズナブルと思います。


細胞環境デザイン学中級講座に行ってきた


抗加齢医学会を横目に、土日は京都まで行ってきました。

数々の有名スポーツ選手の栄養指導で高い実績を誇る山田豊文先生が主催する、杏林予防医学研究所アカデミー細胞環境デザイン学中級講座」の受講のためです。やっとスケジュールが合いました…

山田先生は古くから毛髪ミネラル分析をやってこられたりと、この分野のパイオニアであり、今なおトップランナーです。

今回の受講の一番の収穫は「断食=ファスティング」の知識がちょっとついたこと。栄養系なのに、断食とはこれいかに?

実は細胞には、自己修復機能があります。細胞は現代人に多い過食やストレスで、細胞内の小胞体というタンパク質製造工場が詰まってきます。詰まりすぎると小胞体はミトコンドリアと協議して、アポトーシス(細胞の自殺)をして、他に影響が出ないようにコントロールしています。

断食はタンパク質製造能を回復させたり、アポトーシスを正常に行えるようにリセットします。これがうまく行かず、細胞機能があらぬ方に行くのが癌です。

ちょうど一週間前の大相撲五月場所、怪我から復帰した横綱白鵬関が全勝優勝しましたが、断食も含めて栄養指導をしたのが山田先生です。

関取が断食ですよ?それで優勝!信じられますか?

重い方が有利と言われる相撲で、8Kgの減量!相撲界では初らしく、しかしこれで体のキレが戻ったのだそうです。ちなみにヨガもやったのだそうです。

断食も含め、細胞は軽いストレスで活性化する不思議な性質を持っています。ですから、水風呂・滝行・1分間の息止めなども、同様な理由で有効です。体に危機を知らせることで活性化する、原始的生理現象は現代人も変わりません。

山田先生は御年67歳だそうですが、さすがに活力に溢れ、セミナーでは誤った考えで日本を主導する官僚や医師に対し怒りの声を連発します!

糖質制限や高タンパク食を否定し、古来の玄米菜食に現代栄養学を加えた手法は、いわゆる分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)とは一線を画す理論です。高い実績があるだけに、私も断食も取り入れてこの考えを自分なりに消化してみたいと思います。

このセミナーは一般者向けもありますので、全ての方にオススメいたします。


抗加齢医学会に行ってきた


カレーではありません、加齢です。抗加齢とは、寄る歳にあえて拮抗しましょうという、無茶な話ではありません。科学的に自然に加齢してゆきましょうというものです。

ということで、6月2日にだれもが興味ある抗加齢の学会に参加してきました。と言っても、土日は他用があり、金曜のみの参加でした。場所は近隣で助かりました。

今回の演題でもやはり「腸が超重要」という研究結果が多数出されていました。そのなかでオメガ3系脂質であるDHAは健康に良いものの、単独では腸壁を薄くしてしまうので注意すべきとの話がありました。

当たり前ですが、体に100%良いものなどありません。いろんなことの相乗効果で生まれるわけですから、食物繊維・腸内細菌など、複雑な要因が絡んでくるわけですね。



学会場の様子はお見せできませんが、展示会場からの写真をちょっとだけ。歯科向けの点滴セットまで出てきました。歯科口腔外科でも体の内側からの治療は、これからどんどん注目されてゆくことでしょう。

帰りは資料やサンプルで、鞄がパンパンになってしまいました。

形にする力


5月は知識を形にする作業、すなわち「原稿」が4本もあり、こちらの更新が手薄ですみません。

私はいろんな人に言うのですが、思っているだけではだめで、それを実行し何かの形にして残さないと、たいした意味はないと考えています。自己満足ではなく、周囲に良い影響を与えてこそ、存在価値・投資価値があるのです。

そういう意味ではBlogやSNSは良い面もありますが、きちんとした冊子に文章となると、重みというか、責任が違います。

今回の4本中1本は医科系の学会誌で「査読」が入り、インパクトファクターがつくもの。英文のAbstractもつけるので、一介の開業医にはハードルの高い内容でしたが、ひじょうにやりがいを感じています。他の著者は全員大学での研究歴がある方ばかりですしね、現役の教授とか…

4本の内訳は顕微鏡系1・レーザー系1・栄養系2という、一見バラバラに思える内容ですが、もちろん自分の中では一本にまとまっている内容です。

形にする作業はたいへんで、時間もコストもたいへんかかります。しかし50歳も半ばを過ぎて、このような仕事も与えられ、日々幸せだなと感じています。

出版になりましたら、またご紹介いたしますね。